東京のバーチャルオフィスで都心の住所を使えば信用度も大幅アップ

virtual office

法人登記が可能なバーチャルオフィス

文具

起業する場合、少しでも初期費用を抑えるため、会社を自宅や賃貸マンションにする人は少なくありません。もちろん、それでも十分に仕事を進めていく事は可能かと思います。しかし、金融機関や見込顧客などが会社の登記をチェックした際、住所が住宅地や賃貸マンションになっていると、融資や取引の与信に影響する場合が考えられます。その結果、うまくいく話がうまくいかない事も十分に考えられるのです。
そこでお勧めなのがバーチャルオフィス。バーチャルオフィスなら、手軽に一等地にオフィスの住所を置く事が可能です。バーチャルオフィスの中には、法人登記が可能になっている場合もあり、それを利用すれば、実際に仕事を行っている場所が自宅や賃貸マンションでも、金融機関などにはバーチャルオフィスの住所がオフィスの住所だと言う事になります。その結果、融資などに悪影響を及ぼすことなく、安心して会社運営を行う事が可能になります。
しかも、バーチャルオフィスの場合、知名度の高い一等地にオフィスの住所を置く事ができ、名刺一つでも、その住所を記載する事でイメージはよりアップし、良い仕事を取る事も可能になります。このように、住所一つにおいても、メリットの多いバーチャルオフィスとなります。

CHOICE